「長期優良住宅」「認定低炭素住宅」「省エネルギー基準」対応の注文住宅。ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及目標を2020年度まにで50%以上とします!

「長期優良住宅」「認定低炭素住宅」「省エネルギー基準」対応の注文住宅。ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及目標を2020年度まにで50%以上とします!

高基礎空間計画
High Foundation

高基礎空間計画

高基礎空間計画

基礎を上げることで、
床下の収納力をアップする。

通常よりも基礎を上へと上げることで、床下に空間ができます。ここを有効に利用できるのが「高基礎空間計画」。空間の快適性が保たれるのも特徴です。

高基礎空間計画のしくみ

基礎の立ち上がりを1m程上げて、天井高1.4m以内の収納室として使えるようにする計画です。よくある小さな床下収納庫ではなく、基礎断熱された空間だから、室内と同じ温度で、清潔な空間が確保できます。

高基礎空間計画のメリット

  1. ほかの家と窓の高さがずれてプライバシーが保たれます。
  2. 眺めがよくなり、また1階でも2階のような日当たり。
  3. 年中日当たり確保。真冬でも日陰になりにくい。
  4. 室内と同じ温度・湿度に保たれるので、季節物や記念品、飲料品等様々な日常品がたっぷりと収納できます。
  5. ドアを取付ければ、自転車やアウトドア用品など直接外へ持ち出せます。

まずはお気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせはこちらから